DV・モラハラの本&マンガ 一覧表

以前の私
以前の私

 モラハラとかDVとかの本って、どういうのがある?

今の私
今の私

 一覧表で本やマンガを紹介するね。

スポンサーリンク

はじめに

 この記事では夫婦間のDV・モラハラを扱っている本&マンガを一覧表にまとめています。取り巻く状況によってマッチする本は変わるでしょう。よい本が見つかれば幸いです。

 なお、以下の記事では、私のおすすめの本を6作選びました。よろしかったらご覧ください。

一覧表

 夫婦間のDVやモラハラを扱った本の一覧です。全編を通じて扱っている本もあれば、親子間のDV(虐待)や職場におけるハラスメントなども同時に扱っている本もあります。

 本で扱っているDVの種類( モラハラ、 身体的DV、 性的DV、 経済的DV)や、 子供に関する記述の有無を掲載しています。おすすめの本には マーク、ヤバい本には マークを付けました。気になる本がありましたら、それぞれリンクをタップして、Amazon、楽天市場、このサイトのレビュー記事をご確認ください。なお、詳しい摘要は表の後ろにあります。

DV・モラハラの被害者に向けた本

離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本

2019年発行。大人気! モラ攻撃をかわす

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
モラハラ環境を生きた人たち

2016年発行。モラハラ被害歴が長い方へ

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
モラ夫のトリセツ――モラハラ夫と幸せに暮らす、秘密のテクニック

2015年発行。掲載されている対策に矛盾あり

[Amazon] [楽天] [レビュー]
1
他人を支配したがる人たち

2014年発行。他人の心を操ろうとする人を「マニピュレーター」と称し、その特性、手口、対処法を提示

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
モラル・ハラスメントの心理構造――見せかけの愛で相手を苦しめる人

2013年発行。「あなたのため」と言われるのが辛い方へ

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
「モラル・ハラスメント」のすべて――夫の支配から逃れるための実践ガイド

2013年発行。モラの解説と離婚の手引き

[Amazon] [楽天] [レビュー]
3
他人を攻撃せずにはいられない人

2013年発行。ベストセラー

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
カウンセラーが語るモラルハラスメント――人生を自分の手に取りもどすためにできること

2012年発行。私のバイブル

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
となりの脅迫者――家族・恋人・友人・上司の言いなりをやめる方法

2012年発行。『毒になる親』の著者が執筆

[Amazon] [楽天] [レビュー]

5
傷ついたあなたへ 2――わたしがわたしを幸せにするということ

2010年発行。回復用のドリルの第2弾

[Amazon] [楽天]



5
結局、自分のことしか考えない人たち――自己愛人間への対応術

2009年発行。自己愛性パーソナリティ障害気質の人を「自己愛人間」と称して解説

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
殴られる女たち――ドメスティック・バイオレンスの実態

2008年発行。身体的暴力を中心的に扱う

[Amazon] [レビュー]


5
Q&Aモラル・ハラスメント――弁護士とカウンセラーが答える見えないDVとの決別

2007年発行。46個のQ&Aを掲載

[Amazon] [楽天] [レビュー]
4
良心をもたない人たち

2006年発行。ロングセラー。泣き落としをする人に悩む方へ

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
傷ついたあなたへ――わたしがわたしを大切にするということ

2005年発行。回復用のドリル

[Amazon] [楽天] [レビュー]



5
モラル・ハラスメント――人を傷つけずにはいられない

1999年発行。「モラハラ」という言葉が広まるきっかけに

[Amazon] [楽天] [レビュー]
4
【適用】
マーク
  おすすめの本。ベストセラー、ロングセラー、このサイトで人気の本など
  ヤバい本
……取り上げているDV・ハラスメント・虐待の種類
  精神的・心理的。モラハラ
  身体的・肉体的
  性的。セクハラ
  経済的
子供に関する記述
 本:本全体で解説がある
 章:章立てされている
 節:節のレベルで取り上げている
 文:文章中で触れている
 無:ほとんどあるいはまったく言及されていない
攻撃者 ……攻撃者として描かれている人
  男性、夫、父親
  女性、妻、母親
  男性および女性
評価 ……ライター(望木)による評価

DV加害者に着目した本

表紙タイトル
DVはなおる 続――被害・加害当事者が語る「傷つけない支援」

2018年発行。著者の会社の営業資料?

[Amazon] [楽天] [レビュー]
2
DVにさらされる子どもたち――加害者としての親が家族機能に及ぼす影響

2017年発行。弁護士、調停委員、カウンセラーなど離婚調停や被害者支援の専門家向け

[Amazon] [レビュー]
5
愛を言い訳にする人たち――DV加害男性700人の告白

2016年発行。DV加害男性について解説

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
DV・虐待加害者の実体を知る――あなた自身の人生を取り戻すためのガイド

2008年発行。女性の気付き・回復を目指す

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
加害者は変われるか?――DVと虐待をみつめながら

2008年発行。著者は被害者カウンセリングや加害者プログラムを運営

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
DV加害男性への心理臨床の試み――脱暴力プログラムの新展開

2004年発行。著者(男性)は、日本における脱DVの取り組みを行うカウンセラーの草分け

[Amazon] [楽天]
5
ドメスティック・バイオレンス 新版――男性加害者の暴力克服の試み

2004年発行。小冊子で読みやすい

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5

よみもの等

鴻上尚史のもっとほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

2020年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
夫を捨てたい。

2020年発行。漫画エッセイ

[Amazon] [楽天] [レビュー]
3
鴻上尚史のほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

2019年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
5
DVシェルターの女たち

2016年発行。DVシェルターに入所した女性による体験談

[Amazon] [楽天] [レビュー]


4
家裁調査官は見た――家族のしがらみ

2016年発行。元家裁調査官が執筆

[Amazon] [楽天] [レビュー]

3
家庭モラル・ハラスメント

2008年発行。モラハラの被害と回復の体験談

[Amazon] [楽天] [レビュー]
4
スポンサーリンク

著者別

 著者別の書籍一覧です。氏名・団体名の五十音順に並べています(海外の著者の場合は、family nameを採用)。

マリー=フランス・イルゴイエンヌ

表紙タイトル
殴られる女たち――ドメスティック・バイオレンスの実態

2008年発行

[Amazon] [レビュー]
モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする

2003年発行

[Amazon] [楽天]
モラル・ハラスメント――人を傷つけずにはいられない

1999年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]

片田 珠美

表紙タイトル
子どもを攻撃せずにはいられない親

2019年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
他人を攻撃せずにはいられない人

2013年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]

加藤 諦三(かとう たいぞう)

タイトル 表紙
愛されなかった時どう生きるか 新装版――甘えと劣等感の心理学

1985年発行(単行本 初版)。2019年発行(文庫本 新版)

[Amazon]
「自分の心」をしっかり守る方法――「くやしさ」「悩み」「モヤモヤ」が消えていく(新書)

2019年発行

[Amazon]
平気で他人を攻撃する人たち(単行本)

2019年発行

[Amazon]
モラル・ハラスメントの心理構造 (単行本)

2013年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
自分に気づく心理学 愛蔵版(単行本)

2006年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]

草柳 和之

 筆者は心理臨床家(カウンセラー)として、日本で初めて体系的なDV加害男性の暴力克服プログラムの実践に着手した。一九九七年十二月のことである。(略)以来、その効果への疑い、非難、賛意、そして例外はあるが、マスコミの無責任な関心の中で、協力者に支えられながら加害男性の脱DVの心理臨床方法論を整備してきた。

『DV加害男性への心理臨床の試み――脱暴力プログラムの新展開』7ページ
表紙
DV加害男性への心理臨床の試み――脱暴力プログラムの新展開

2004年発行

[Amazon] [楽天]
ドメスティック・バイオレンス 新版――男性加害者の暴力克服の試み

2004年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]

熊谷 早智子

表紙
「モラル・ハラスメント」のすべて――夫の支配から逃れるための実践ガイド(共著)

2013年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
母を棄ててもいいですか?――支配する母親、縛られる娘

2011年発行

[Amazon]
家庭モラル・ハラスメント

2008年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
Q&Aモラル・ハラスメント――弁護士とカウンセラーが答える見えないDVとの決別(共著)

2007年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]

鴻上 尚史(こうかみ しょうじ)

表紙タイトル
鴻上尚史のますますほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

2021年発行

[Amazon]
鴻上尚史のもっとほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

2020年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
鴻上尚史のほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

2019年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
「空気」を読んでも従わない――生き苦しさからラクになる

2019年発行。ティーン向け

[Amazon] [楽天]
「空気」と「世間」

2009年発行

[Amazon] [楽天]

マーサ・スタウト

表紙
良心をもたない人たち

2006年発行(単行本初版)

[Amazon] [楽天] [レビュー]
良心をもたない人たちへの対処法

2020年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]

Joe(ジョー)

表紙
私を振り回してくるあの人から自分を守る本

2021年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本

2019年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]

谷本 惠美

表紙タイトル
モラハラ環境を生きた人たち

2016年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
カウンセラーが語るモラルハラスメント――人生を自分の手に取りもどすためにできること

2012年発行。私のバイブル

[Amazon] [楽天] [レビュー]
Q&Aモラル・ハラスメント――弁護士とカウンセラーが答える見えないDVとの決別

2007年発行。共著

[Amazon] [楽天] [レビュー]

ランディ・バンクロフト

表紙タイトル
DVにさらされる子どもたち――加害者としての親が家族機能に及ぼす影響

2017年発行。弁護士、調停委員、カウンセラーなど離婚調停や被害者支援の専門家向け。共著

[Amazon] [レビュー]
別れる?それともやり直す?カップル関係に悩む女性のためのガイド――うまくいかない関係に潜む"支配の罠"を見抜く

2016年発行。未婚の女性向け

[Amazon] [楽天]
DV・虐待加害者の実体を知る――あなた自身の人生を取り戻すためのガイド

2008年発行。女性一般向け

[Amazon] [楽天] [レビュー]
DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す――お母さんと支援者のためのガイド

2006年発行。子供がいる女性向け

[Amazon] [レビュー]

スーザン・フォワード

表紙タイトル
毒親の棄て方――娘のための自信回復マニュアル

2015年発行

[Amazon] [楽天]
となりの脅迫者――家族・恋人・友人・上司の言いなりをやめる方法

2012年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
毒になる姑

2006年発行

[Amazon]
毒になる親

1999年発行(単行本初版)

[Amazon] [楽天] [レビュー]
ブラックメール――他人に心をあやつられない方法

1998年発行。新版あり『となりの脅迫者』

[Amazon] [レビュー]

レジリエンス

表紙タイトル
傷ついたあなたへ――わたしがわたしを大切にするということ

2005年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
傷ついたあなたへ 2――わたしがわたしを幸せにするということ

2010年発行

[Amazon] [楽天]
ランディ・バンクロフト氏が答えるQ&A――ドメスティック・バイオレンスの真実

2011年発行

[Amazon]
スポンサーリンク

雑記

 冒頭の一覧表には、私なりのこだわりがあります。

 まず本ごとに、子供に関する記述がどの程度あるかを掲載しました。子供のケアに関する情報を得るのに、私自身が苦労した経験からです。

 また本を並べ替えられるようにしたのも、ひとつのポイントです。表の上と下を行き来して見比べるには数が増え過ぎました。まだ掲載していない本も控えており、閲覧性を重視しました。

 この記事を確認した方が、何かしら人生を好転させる本が見つかれば幸いです。

本&マンガの一覧表
スポンサーリンク

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました