本『モラハラ環境を生きた人たち』のレビュー

おすすめポイント

★★★★★

モラハラの被害に気づいたばかりのモラ初心者ではなく、ベテラン(?)のモラ被害者向けの書。別居・離婚をした方にも、加害者との共存を継続した方にも、モラハラ攻撃で受けた心の傷の処し方が分かります。

モラハラ家庭で育つ子供については、1章を割いて解説。

スポンサーリンク

レビュー

 これはモラハラ本ですが、対象読者がちょっと特殊です。重点を置いて論じているのは、モラハラ環境でしばらく生きてきた後のフェーズ。たとえば別居した後のほうが精神的につらいと感じる方や、同居継続を決意したもののやはり苦しいと思う方にドンピシャの内容です。関連する部分を引用します。

 モラハラというものの存在を知ろう。モラハラという攻撃から離れよう。これまで出されてきたモラハラ関連の書籍ではそうした内容がメインに書かれてきました。

 本書では、モラハラ被害後に誰しも経験する、被害者としての心のうずきに焦点を当てています。(略)心のケアを実践していただくために。

 目次は次のとおり。

  • はじめに
  • 序章 身近にあふれるモラルハラスメント
  • 1章 モラハラへの気づき
  • 2章 モラハラ被害を生きる
  • 3章 家族関係のなかのモラルハラスメント
  • 4章 被害者をやめていくために
  • あとがき

 なおモラ家庭で育つ子供について、3章でしっかりと解説があります。被害親と子供との間に生じる問題が挙げられています。

 最終の第4章は「被害者をやめていくために」と題されています。著者の谷本 恵美氏は、もはやモラハラには囚われずに「自分の人生を、生きたもの勝ち」という考えを提示されています。

 モラハラに関するサイトを運営している私が言うのもおかしな話ですが、私はこのコンセプトが大好きです。考え方に惹かれて、私は著者の本をすべて読みました(全3冊)。

表紙タイトル
モラハラ環境を生きた人たち

2016年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
カウンセラーが語るモラルハラスメント――人生を自分の手に取りもどすためにできること

2012年発行。私のバイブル

[Amazon] [楽天] [レビュー]
Q&Aモラル・ハラスメント――弁護士とカウンセラーが答える見えないDVとの決別

2007年発行。共著

[Amazon] [楽天] [レビュー]

 前を向くヒントが得られるので、ぜひご一読ください

スポンサーリンク

まとめ

要約

序章で夫婦間、親子間、恋人間、上司・部下の間など、さまざまな関係におけるモラハラについて解説。続いてモラハラに気づいた時期や、その後のモラハラと付き合っている時期における心理状態や問題点、子供について解説したのち、心の持ちようについて提示。

評価(お役立ち度)

★★★★★ (前向きな気持ちになれる)

基本情報
  • タイトル:モラハラ環境を生きた人たち [Amazon] [楽天] [レビュー]
  • 著者:谷本 恵美(心理カウンセラー)
  • 出版社:而立書房
  • 発行日:2016年6月15日
この記事で取り上げたその他の書籍
  • Q&Aモラル・ハラスメント――弁護士とカウンセラーが答える見えないDVとの決別  [Amazon] [楽天] [レビュー]
  • カウンセラーが語るモラルハラスメント――人生を自分の手に取りもどすためにできること  [Amazon] [楽天] [レビュー]

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました