本『鴻上尚史のますますほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋』のレビュー

おすすめポイント

★★★★★ 大人気シリーズ

鴻上尚史氏が、雑誌の読者から寄せられた人生相談(27件)に答える。実践可能な具体策を鮮やかに提示する。シリーズ第3巻。

スポンサーリンク

レビュー

本のあらすじ・位置づけ

 読者の悩みに鴻上さんが回答する本の第3弾です。

 詳細な本の位置づけについては、第1巻に相当する『鴻上尚史のほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋』のレビューに記載しています。よろしかったら、併せてご確認ください。

  タイトルが紛らわしいですが、『ほがらか人生相談』の手前に、何もなし・「もっと」が付く・「ますます」が付く、の順で1巻・2巻・3巻です。このノリでいくと、10巻とかはどうなっちゃうのか、今から楽しみ ♪

 さて、今回取り上げる第3巻(ますます)では、29件の相談に乗っています。時に励まし、時に気付きを与え、時にユーモアを交えながら、鴻上さんは神回答を繰り返します。

 ちなみに私が「神」回答だと思う理由は、アドバイスが実践的で、とりあえず何から手を付けたらいいかが明確に分かるから。

 親、義理親、パートナー、子供など家族に悩む人も、友だち・職場の同僚・学生時代の教師なんかに悩む人も、あるいは自分自身に悩む人も、鴻上さんに相談を寄せています。

 シリーズを通じて、なかなかヘビーな相談が多いです。イヤなヤツって、バラエティに富んでいるんですね。

表紙タイトル
鴻上尚史のますますほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

2021年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
鴻上尚史のもっとほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

2020年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]
鴻上尚史のほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

2019年発行

[Amazon] [楽天] [レビュー]

 その中に、「6年間、中高一貫男子校で過ごし、女子への接し方がわからないです」という悩みを寄せた、大学入学前の男子高校生がいました。鴻上さんは回答の冒頭で、以下のように感想を述べています。

いやあ、『ほがらか人生相談』というタイトルに相応ふさわしい相談が、久しぶりに来ました。たいていは、全然、ほがらかじゃない人生相談ですからね。

 大丈夫だ! 男子高校生!

感想等

 この本に掲載されている相談の中で、一番、私の心に残ったのは「夫が自室にこもり家族との接触をしない真意はどこにあるでしょうか?」という相談です。実際のところ、本が発刊される以前にAERAのサイトに掲載されていたときに(現在は削除済)読んでから、ずっと覚えていました。

 相談者の質問を読みながら「(相談者の夫は)なんかウチのモラハラ夫と似ているなあ」と思っていました。次のようなところが。

  • 夫は自室にこもって仕事と自分の趣味で外出する以外は出てこない( ← ウチも! どうしても必要なことはLINEで連絡が来た)
  • みずら家を出る宣言をしていた( ← 私は「出て行け!」って言われた)

 そして相談者である妻の気持ちは、私とまったく同じでした。

  • 自宅において自分の好きなタイミングで何かをできない状態は、私(妻)ならいやだと思う
  • こんな姿をいつまでも子供たちに見せるわけにいかない
  • 離婚を考えています( ← 私は離婚しました)

 続いて、鴻上さんの回答の最初の文を読んで、思わず「えっ!」と声が出ました。

 ジャムさん。大変ですね。ジャムさんの相談を読んで、「ああ、私のパートナーもそうなんだ」と思っている人は少なくないと思います。

 まあ私もその一人なんですが、世の中に少なくないんですね……。当てはまる方は、ぜひ鴻上さんの回答をご確認ください

 また、この本では非常に幅広い人生の悩みを扱っています。書き下ろしの「あとがきにかえて」で鴻上さんが「なるべく違う種類の質問に答えようとしています」と述べているとおりです。もしかすると、ちょうど困っていることに対するヒントが得られるかもしれません。よろしかったら、ご一読ください

鴻上尚史のますますほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

[Amazon] [楽天] [レビュー]

スポンサーリンク

まとめ

要約

鴻上尚史氏が、雑誌の読者から寄せられた人生相談(29件)に答える。実践可能な具体策を鮮やかに提示する。シリーズ3冊目。

評価(お役立ち度)

★★★★★ (対応方法が具体的でイイ!)

基本情報
  • タイトル:鴻上尚史のますますほがらか人生相談――息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋
      [Amazon] [楽天] [レビュー]
  • 著者:鴻上 尚史
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発行日:2021年4月30日

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました