神話打破

 このカテゴリーでは、DV・虐待や離婚に関して、広く信じられている一般論・通説・俗説・幻想・神話への反論を紹介しています。詳細については「神話打破:はじめに」をご確認ください。

DV・虐待に関する誤解

子供は親に愛情や感謝の念を抱いている? そうすべき?

親自身のせいで、親に愛情を持てない子供もいます。そういう子供に「親を愛すべし」「親に感謝すべし」という一般的な道徳規範を押しつけることは、心に対する障害になり得ます。このことを説明する、本の一節を紹介します。
DV・虐待に関する誤解

DV夫・モラハラ夫でも子供には良い父親?

DV夫・モラハラ夫でも、子供には良い父親のように見えることがあります。本当にそうなのか、解説している部分を、本から抜粋します。
DV・虐待に関する誤解

DV夫やモラハラ夫に妻はおびえている?

「恐怖でがんじがらめ」「怖がっている様子など見せない」DV夫やモラハラ夫に対して妻が抱く恐怖心について、2冊の本から別々の見解をご紹介します。
DV・虐待に関する誤解

モラハラ夫・DV夫からは逃げるしかない?

モラハラ夫・DV夫からは逃げるしかないという風潮に反して、離婚するかどうかは当事者が決めること、とする言説もあります。そのような記述を本から引用します。
DV・虐待に関する誤解

性的な言動のみが性的虐待に当たる?

子供への性的虐待とは、性的な言動によるものに限りません。一見したところでは性的ではない関わり方でも、子供の性的な境界を侵略する行為について、本から引用します。
DV・虐待に関する誤解

性欲を満たすために妻や子供に性暴力を振るう?

妻への性的DVや子供への性的虐待は、性欲ではなく支配欲を満たすために行われます。このことを取り上げた本の一節を紹介します。
離婚に関する誤解

非監護親と交流できたほうが子供は幸せ?

子供によっては、さみしく思わないどころか、面会交流を望まないこともあります。この辺りの誤解を解きます。
神話打破

神話打破:はじめに

DV・虐待や離婚に関して、広く信じられている一般論・通説・俗説・幻想・神話への反論を紹介します。趣味である、実用書の読書を通じて集めた情報です。
タイトルとURLをコピーしました