子供に夫・妻の悪口を吹き込んではならない【神話打破】

スポンサーリンク

神話・誤解

子供に夫や妻の悪口を吹き込んだり、夫婦喧嘩を見せたりしてはならない

真実

DVに当たる言動を黙認・肯定せず、子供に適切な情報を与える

スポンサーリンク

本の教え

パートナーの不適切な行動については、子どもに適量の情報を与える。

 これはDV家庭(父親が加害者)の母親に、子供のケアの仕方を説く本『DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す――お母さんと支援者のためのガイド』(レビュー)からの引用です。

 ただ、これを躊躇させる一般論ってたくさんあるんですよね。

  • 子供にパートナーの悪口を吹き込まない
  • 夫婦喧嘩を子供に見せない
  • 夫婦間の事情や都合を子供に押し付けない
  • 家族仲良く。夫婦仲良く

 そして、ものすごく道理にかなっている気がする……。

 しかし、これらは一般論だけに、一般家庭には当てはまるでしょうがDV家庭には当てはまらない、と捉えたほうがよいでしょう。

 鴻上尚史さんも、著書『親の期待に応えなくていい』(レビュー)で、次のように述べています。

父親に暴力をふるわれたり、虐待されて母子が一緒に逃げてきた場合以外は、子供の前で父親の悪口を言ってはいけません。

 「父親の悪口」的なことを言ってもいいんだよ、って明言している本は、ほとんどありません。

 辛うじて「子供の認識や価値観が歪められる」という問題点を指摘している本は、割と見かけます。どういうことかと言うと、たとえ父親が子供には優しく、母親だけを攻撃しているのだとしても、それが普通だと子供に思わせるのはダメだ、ということです。詳細は以下の記事で取り上げていますので、よろしかったらご参照ください。

 ただ、これだと問題点を指摘するだけで、どうしたらいいかが分かりません。一歩進めると、冒頭で引用した「パートナーの不適切な行動について、子どもに適量の情報を与える」ことが対処法になりますよね。

スポンサーリンク

我が家のコト

 私は、モラハラ夫との別居前に、児童家庭支援センターにて子供について相談していました。その中で、相談員のおかげで、上記の点に初めて気づきました。よろしかったら相談体験もご確認ください。重要なことをお伝えしておくと「お父さんの人格は否定はしない。冷静に誤った言動を指摘する」ように相談員に言われました。

 さて、ここでは「モラハラ夫の不適切な行動について、私がどのように子供に情報を渡したか」を述べます。家庭問題の専門家ではないので、良いのか悪いのか、他のご家庭でも効くのか効かないのか定かではないので、ご参考までに。

 基本的な方針として、子供たちが大人になって振り返ったときに軽蔑されないようにしよう、と思いました。そうすると、私の言い方としては、以下のように。

  • 陰で子供に言うのではなく、モラハラ夫も子供もいる場で指摘する
  • ゆっくりと冷静に言う
  • 議論することではなく、話を切り上げることを目指す

 たとえば、モラハラ夫は自分の希望を通すために、「普通、○○するでしょ」「○○が当たり前」のように、自分の主張を一般化することがよくありました。そこで私はまずは、「モラハラ夫が怒るから」とかいう理由で折れるのはよくない、と認識を改めます。そして「私はそう思わない」「自分の価値観を一般化して押しつけないで」などと応答するようにしました。

 また、もともと私もモラハラ夫も、対立すると早口でまくし立てるタイプです。私がゆっくりと話すようにしたことで、モラハラ夫がアホっぽく見えました。

 さらに、言葉の応酬を長々と続けていると、子供からは「どっちもどっち」っぽく見えるかもと思い、自分が言いたいことを言ったら、さっさと切り上げようと思いました。「どうしても」とか「家事があるから」などと言って、モラハラ夫の主張を受け流すことに。聞かれたことに答える、というクソ真面目な対応は止めました。


 その結果、モラハラ夫が私を攻撃することが減りました。ただし、ヤツの意に沿って動かしやすい娘のほうにターゲットが移ってしまい、私は今でも忸怩たる思いを抱えています。モラハラ夫と対決するときは、子供の防御もいっしょに考えるべきだった。

 一方、子供は夫婦喧嘩を望むようになりました。子供が私に「お父さんに○○って言ってきて」と、こっそりとお願いにくるんです。私が「LINEで言っておく」「遅いから後で必ず」「お母さん疲れているから明日ね」などと応じても、すぐに相対して言うことを希望。そして、夫婦間のやり取りを盗み聞きをしていました。

 子供に理由を尋ねてみると「お父さんがわめくのが、おもしろい」と言っていました。私の解釈では、子供が父親に感じている反感を、母親(私)が言語化することで、一種の納得感や「してやった感」につながっていたのかな~、と。まあ、夫婦喧嘩は子供に見せない、っていう一般論もウチには当てはまらないな、って思いました。

スポンサーリンク

まとめ

  • DV家庭・モラハラ家庭では、パートナーの不適切な行動について子どもに適量の情報を与える
この記事で取り上げた書籍
  • DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す――お母さんと支援者のためのガイド
      [Amazon] [レビュー]
  • 親の期待に応えなくていい
      [Amazon] [楽天] [レビュー]

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました