マンガ『夫を捨てたい。』のレビュー

感想

★★★☆☆

妻の視点でモラハラ夫(?)との関わりをつづった漫画エッセイ。幼い子供の育児や、妻の仕事にからんで、夫にモヤモヤを抱いている。

ひとつひとつのエピソードには共感できるものがあったが、話の展開が急すぎて読後はすっきりできなかった。

スポンサーリンク

レビュー

 妻の視点でモラハラ夫(?)との関わりをつづった漫画エッセイです。作者はインスタグラムやブログでも漫画を公開していますが、完全な描き下ろしです。発売以来人気で、本屋で平積みされていたので読みました。

以降ネタバレあります。ネタバレを飛ばして「まとめ」にジャンプ。

 第一子となる長男の出産後から、次男の出産後までを描いています。途中で夫との交際や結婚の回想シーンも挟みます。「モラハラ的な価値観を持って、典型的なモラっぽい言動をする夫だな」と思って読んでいたのですが、終盤で夫が妻の訴えに応じて改心して、ハッピーエンドで幕を下ろします。

 物語としてはおもしろい展開ですが、モラハラ夫(?)が変わる辺りをもっと詳しく知りたかったです。作者も夫もお若い(高校時代の同級生、大卒後社会人3年目で妊娠・結婚)ので変わりやすかったのか? 本で描かれている以外にも、夫に対して働きかけはしなかったのか? 以降もずっと家族にとって良い状態をキープしているのか? そのような疑問が浮かびました。

 あるいは、もしかしたら彼はそもそもモラ夫ではなかったのかも? この記事では、一応「モラハラ夫(?)」のようにハテナ付きで書きました。

 イラストも(ストーリーと同様に)シンプルな印象を受けました。1ページに4行×2列の規則的なコマ割りと相まって、デザイン的にすっきりと洗練された感じがします。

 さらっと読んで、共感を得るような用途におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

要約

妻の視点でモラハラ夫(?)と子供たちとの生活を綴った漫画エッセイ。

評価(感情が動いた度)

★★★☆☆ (ひとつひとつのエピソードはともかく、最後の急な展開にモニョった)

基本情報
  • タイトル:夫を捨てたい。  [Amazon] [楽天] [レビュー]
  • 作者:いくた はな
  • 出版社:祥伝社
  • 発行日:2020年9月8日
  • ISBN-10:4396460635
  • ISBN-13:978-4396460631

カテゴリー別人気記事

よみもの 離婚

スポンサーリンク

ランキング
にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ 
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ 

 にほんブログ村の「DV・家庭内モラハラ」「シングルママ」カテゴリーと人気ブログランキングの「DV・モラハラ」「離婚」カテゴリーに参加しています。バナーをタップ・クリックして、順位をご確認ください。同時にこのサイトにポイントが加算されます。応援よろしくお願いします。

フォローする
本来の生活へ

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました