本『永遠の仔』のレビュー

おすすめポイント

★★★★★ ミリオンセラー

児童虐待をモチーフにした、天童荒太氏による長編小説。1999年に出版、2000年に「日本推理作家協会賞」の受賞とテレビドラマ化を果たす。

この本を支えにしている、という読者の声も寄せられている。

スポンサーリンク

レビュー

(ネタバレなし)

  この本は児童虐待をモチーフにした、天童荒太氏による長編小説です。ありとあらゆる種類と言っていいほどの児童虐待が描かれていて、心が塞ぐ場面もあります。しかし、救いがない話で終始するわけではありません。作者の天童氏はあとがき(文庫版・五・言葉)で次のように述べています。

多くの読者と信頼関係が生まれた作品であり、『永遠の仔』を支えにしていらっしゃる方々の存在も聞き知っています。

 巻末で挙げられた参考文献の多さに目を見張りました。10ページ(文庫本版)を費やしていましたが、それで主要なものだけだそうです。小説らしい話の盛り上がりはありましたが、親子間の具体的なやり取りなど細かい描写に、リアリティを感じました。ただし、作者ご自身は被虐待児というわけではないそうです。

 作者があとがきで「読者の方に、これだけは誤解しないでいただきたいことがあります」と述べている内容を引用します。

 それは……虐待を受けた人が、親になったら、必ず虐待をするようになるということは、決してありません。(略)ひどい虐待を受けても、だからこそ、自分の子どもには手をあげないと心に決め、しっかり子どもを育てている人は、大勢いらっしゃるし、わたしの身近にもいます。
 そして、心にひどい傷を受けた人が、幸せになれないなんてこともありません。 支えてくれる人がいたおかげで、いまはとても幸せだとおっしゃる読者からのお手紙を、数多くいただきました。

 単行本版は上下2巻セット、文庫本版は一~五の5巻セットです。単行本と文庫本で、記述は厳密には一致していませんが、ほぼ同一です。

 よろしかったらご一読ください。

まとめ

要約

児童虐待をモチーフにした、天童荒太氏による長編小説。

評価(感情が動いた度)

★★★★★ (陰鬱な気持ちにもなるし、救いも感じる)

基本情報
  • タイトル:永遠の仔
  • 作者:天童荒太
  • 出版社:幻冬舎
  • 発行日:1993年(単行本)、2004年(文庫本)
永遠の仔
  • 単行本
    • 永遠の仔・上
    • 永遠の仔・下
  • 文庫本
    • 永遠の仔・1・再会
    • 永遠の仔・2・秘密
    • 永遠の仔・3・告白
    • 永遠の仔・4・抱擁
    • 永遠の仔・5・言葉

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました