調査官調査について小学生にどう説明する? ⇒ 読書好きの私が頼った本2選

過去の私
過去の私

 娘(高学年)が調査官調査を面倒くさがっているというか、嫌がっているんだけど……。

今の私
今の私

 得体が知れずに怖いのかも。

 子供への説明に使える本があるよ。

スポンサーリンク

うちの場合

 子連れ別居後に母親(私)と父親(モラハラ夫)が裁判所で離婚について話していることを、子供たちには簡単に説明していました。しかし娘(小学校 高学年)に調査官調査について告げると、拒否反応が……。調査官が家庭を訪問して私も同席の上での調査はともかく、裁判所に出向いて調査官と1対1で面談するのは、ことのほか嫌がりました。

 日にちをかけて話しているうちに、その理由が分かってきました。

  • 毒父(私にとってはモラ夫)に会うのが怖い ← 娘の勘違い
  • いつどこで誰に会って何をするのか、さっぱりイメージできない。未知のことに臨むのが怖い
  • 面倒だから、大人の話し合いで済ませてほしい。「離婚は子供には関係ない、ってお母さんは言っていた!」

 そんなわけで、私は娘の誤解を解いたり、関連の記述がある本を示したりしました(次のセクションで詳述)。

 さらに、その後にあった調査官の家庭訪問により、裁判所に行ったら「誰と」会うのかが娘に分かりました。また、その時に調査官が言った言葉――必ず子供が言ったとおりになるわけではないけれど、裁判所は子供の希望を叶えたい――に、だいぶ勇気づけられたようでした。

スポンサーリンク

私が頼った本2選

 このサイトの別の記事でも取り上げている『だいじょうぶ!親の離婚――子どものためのガイドブック』(レビューを読む)と『こども六法』(レビューを読む)の2冊です。もっとも両方とも調査官調査についてメインで扱っているわけではないので、具体的にどこに役立つことが書いてあるか、私が娘に示す必要がありました。

 『だいじょうぶ!親の離婚』では本の最後にある「子どものための解説」にて扱っています。原著は米国で発行されましたが、訳者の家裁調査官が日本の離婚の制度を子供に文章で説明しています。面会交流やら親権やらの解説があります。

 『こども六法』では「民法」の章に記載されています。『だいじょうぶ!親の離婚』のような直接的な記述はありませんが、こちらは図解入りで、子供がとっつきやすくなっています。

 いずれの本も、調査官調査に限らず、親の離婚全般に関して、子供が知りたい情報が掲載されています。ちょっと悩んでいるお子様がいらっしゃいましたら、おすすめいたします。

スポンサーリンク

まとめ

この記事で取り上げた書籍

リンク …… Amazonで見る  Kindleで読む  楽天市場で見る  Koboで読む  レビューを読む  公式サイトを見る

アイコンをタップ

カテゴリー別人気記事

離婚する

スポンサーリンク

ランキング
にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ 
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ 

 にほんブログ村の「DV・家庭内モラハラ」「シングルママ」カテゴリーと人気ブログランキングの「DV・モラハラ」「離婚」カテゴリーに参加しています。バナーをタップ・クリックして、順位をご確認ください。同時にこのサイトにポイントが加算されます。応援よろしくお願いします。

フォローする
本来の生活へ

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました