本『ひとり親でも子どもは健全に育ちます――シングルのための幸せ子育てアドバイス』のレビュー

おすすめポイント

★★★★★

シングル家庭で子どもを育てるときの心得や接し方を教えてくれる。著者は児童精神科医。

私はこの本を読んで、気が楽になりました。

スポンサーリンク

レビュー

 私がこの本を最初に見かけたのは、女性センターの相談窓口(相談体験)の待合室でした(その後、ほかの相談窓口でも、この本が置かれているのを目にしました)。「モラ夫の元では子供たちが健全に育たない」と確信した頃です。それまでの人生で見過ごしてきた「健全」という価値の重要性が身に染みており、タイトルの「健全」の二文字に目が引きつけられました。

 この本の著者は大ベテランの男性児童精神科医。論文・調査結果や臨床例に基づいて、シングル家庭で子供を育てるときの心得を教示しています。といっても、難しいことはありません。二親が揃っている家庭にも当てはまる普遍的な内容もたくさんありますし、シングルだからといって労力の上乗せを強いたりはしません。私は読んで、むしろ気が楽になりました

 私がこの本を読んだときには、すでに離婚の意思を固めていたのですが、以下のパートは私が考えていたこととまったく同じで、心強く感じました。

 もちろん、子育てにおいては両輪がそろっているのが理想です。
 しかし、子どもの発達や成長、成熟にマイナスな影響を与えるおとなというのは、父親や母親に限らず、いないほうがいい場合もあり、子どものために(離婚を)我慢する必要はないと思います。

 また、子供への声かけや接し方についての具体例も載っています。たとえば私は、離婚することを子供にどう説明しよう、モラ夫と面会交流を希望したらどうしよう、離婚で心に傷が残らないようにするにはどうしたらいいだろう、といったことを悩んでいましたが、それぞれ本の中にヒントがありました。

 大人(親)と相対するカウンセラーや相談員と異なり、この本の著者は子供と向き合ってきましたその視点での提言は、親に優しく、しかも子供に効き目のあるものばかりでした。養育中のお子様がいらっしゃる方に、一読をお勧めいたします。

スポンサーリンク

まとめ

要約

「第1章 ひとりで子どもを育てる子育ての心得」「第2章 離婚と死別 子どもとの向き合い方」「第3章 子どもを幸せにする親としての生き方」「第4章 こんなときどうしたら? 子育てQ&A」の4章構成。

評価(お役立ち度)

★★★★★ (今まさに実践中)

基本情報
  • タイトル:ひとり親でも子どもは健全に育ちます――シングルのための幸せ子育てアドバイス  [Amazon] [楽天] [レビュー]
  • 著者:佐々木 正美(児童精神科医)
  • 出版社:小学館
  • 発行日:2012年11月6日
  • ISBN-10:4093114072
  • ISBN-13:978-4093114073

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました