本『シングルマザー生活便利帳(六訂版)』のレビュー

おすすめポイント

★★★★★ ロングセラー

シングルマザーに役立つ情報がひとまとめに。仕事、福祉制度、就学支援、年金・保険など、お金の話を詳しく掲載

スポンサーリンク

レビュー

 養育中の子供がいる母子家庭に役立つ情報を集めた本です。中でも経済面に一番の重心を置いているように感じました。別居・離婚したら、ラッキーな方はご実家などからサポートがあるかもしれませんが、お金は自分で算段するのが基本です。自分で稼ぐか、元夫から婚姻費用・養育費をゲットするか、行政の支援を受けるかする必要がありますが、いずれの方法も取り上げています。

 また子供の転園・転校、さまざまな預け先、教育費就学支援についても、もちろん挙げています。

 こうした情報は、行政のWebサイトや窓口にある冊子から得ることはできますが、ひとまとめになっている点が便利です。また別居前には得にくい情報だと思います。事前に算段するに越したことはないので、読み始めるならシングルマザーになる前のほうがベターです。

 著者のお一人新川てるえ氏は三度の離婚を経験し、シングルマザーを支援するNPO法人を設立されています。そのためか生活に則した実務的な情報が扱われています。

 目次は以下のとおりです。本にはさらに詳細な目次が付いており、必要な個所だけを拾って読めます。

  • 第1章 シングルマザーの仕事
    • 再就職サポート
    • 働くシングルマザーに聞きました
    • 就職に関する公共支援情報
  • 第2章 シングルマザーの家計簿
    • やりくりアドバイス
    • 教育費の備え方と使える修学支援制度
    • 年金と保険の基礎知識
  • 第3章 シングルマザーの住まい
    • 住まいの選択方法
    • 住まいの公共支援情報
  • 第4章 仕事と育児、両立のツボ
    • 子供の預け先
  • 第5章 利用できる福祉制度
    • 知っておきたい! 手当と手続き
  • 第6章 シングルマザーのお悩み解決
    • ひとり親Q&A
    • 相談できるところ
  • 第7章 シングルマザーの相談窓口ガイド
    • 全国の支援団体
    • お役立ちコミュニティサイト

 2006年の初版発行以来、約2年おきに改訂を重ねて、現在(2020年8月)の最新バージョンは第6訂です。初版からずっと表紙の色はピンクですが、版によって帯の色が変わっています。最新の六訂版の帯は青色です。

 本のタイトルには「シングルマザー」とありますが、父子家庭向けの記述も、子供がいない方の離婚後の生活に役立つ情報もあります。シングルマザーはもとより離婚した方すべてにおすすめです

スポンサーリンク

まとめ

要約

シングルマザーに役立つ、お金、養育、相談先などの情報をひとまとめにした本。シングルマザーの声も掲載。

評価(お役立ち度)

★★★★★ (情報がひとまとめになっているところがいい)

基本情報
  • タイトル:シングルマザー生活便利帳(六訂版)  [Amazon] [楽天] [レビュー]
  • 著者:新川 てるえ、田中 涼子
  • 出版社:太郎次郎社エディタス
  • 発行日:2006年4月29日(初版)、2017年11月20日(六訂版)
  • ISBN-10:4811808258
  • ISBN-13:978-4811808253

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました