絵本『わたしがすき(だいじょうぶの絵本)』のレビュー

おすすめポイント

★★★★★

幼児向けの「自己肯定感」を学ぶための本。自分の良いところも悪いところも挙げ、「わたしがすき」と肯定する。

スポンサーリンク

レビュー

 自己肯定感に関する本の中で、もっとも幼い子供を対象にしています(私調べ)。文中に「じここうていかん」などという単語は出てきませんが、長所も短所もひっくるめて、ありのままの自分を好きでいてよい、というメッセージが子供にも伝わります。

 主人公はネコのココちゃん(性別不詳)。保育園 or 幼稚園に通っています。おねしょなど失敗することもあれば、お母さんが構ってくれなくて寂しくなることもありますが、最後にココちゃんは次のセリフを言います。

いやなことがあっても
だいじょうぶ。
わたしは わたしが すき。

 巻末には、大人向けの解説もあります。自己肯定感に関しては、次のように説明しています。

セルフ・エスティームとは

 セルフ・エスティームは、日本語では「自己肯定感」と訳されます。自己肯定感というのは、その人の全体像、ありのままの存在をまるごと受け入れることで、仕事や勉強の能力のあるなし、性格の短所も長所もふくめて自分らしさを認め、心安らかでいられる状態をいいます。

 この解説と、絵本の中の具体的な大人の対応によって、親がどう声かけをすれば良いかヒントが得られます。

私

 私なりの、この本の使い方をご紹介します。子供に読み聞かせた後に、子供の良いところ(多め)と悪いところ(ちょっぴり)を子供に聞いたり、私が挙げたりしました。そして、好きだと伝えました。

 日々の生活の中で、細かく対応できたほうがベターかもしれませんが、ついつい見過ごしてしまうこともあり……。この本は、子供を褒めたり、好きだと伝える良いきっかけになりました。

 幼い子供にも、ありのままの自分でよいと伝わります。ぜひご覧ください

「だいじょうぶの絵本」シリーズ

 この本は「だいじょうぶの絵本」シリーズの第3巻です。

タイトル 表紙
いいタッチわるいタッチ

[Amazon] [楽天]
あなたは ちっとも わるくない

[Amazon] [楽天] [レビュー]
わたしがすき

[Amazon] [楽天] [レビュー]

まとめ

要約

主人公のネコのココちゃんが、好きなものや好きなこと、あるいはイヤなことを挙げて、「(そういう)わたしがすき」と締めくくる。

評価(お役立ち度)

★★★★★ (我が子が好きな本)

基本情報
  • タイトル:わたしがすき(だいじょうぶの絵本)  [Amazon] [楽天] [レビュー]
  • 作家:安藤 由紀
  • 出版社:復刊ドットコム
  • 発行日:2019年6月25日
  • ISBN-10:4835456750
  • ISBN-13:978-4835456751

カテゴリー別人気記事

子供向け

スポンサーリンク

ランキング
にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ 
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ 

 にほんブログ村の「DV・家庭内モラハラ」「シングルママ」カテゴリーと人気ブログランキングの「DV・モラハラ」「離婚」カテゴリーに参加しています。バナーをタップ・クリックして、順位をご確認ください。同時にこのサイトにポイントが加算されます。応援よろしくお願いします。

フォローする
本来の生活へ

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました