モラ夫がいた正月(別居前)

 明けましておめでとうございます。このサイトは明るく楽しく幸せな内容で満ちているわけではありません。しかし、このサイトの記事をご覧になる方の一年に、安らぎや癒しが訪れることを願っています。

スポンサーリンク

別居前のお正月の過ごし方

 お正月休みに限らず、春休みや夏休み、さらには連休やただの土日でも、モラ家庭の家族はちっとも嬉しくありません。私は仕事、上の子は小学校、下の子は保育園に行ったほうがマシでした。『DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す――お母さんと支援者のためのガイド』(書評を読む)にあった、以下の状況とぴったり一致。

 父親の思いどおりになっている限り、家はまあまあ平穏だけれど、望みどおりのものが手に入らなくなったり、家族のだれかが歯向かったりした途端に状況は一変し、母親あるいは家族全員が心理的または身体的に傷つけられる危険にさらされるということが、子どもにもしだいにわかってきます。

 まあ「父親の思いどおり」だと、表面的には平穏だけれど周りの家族が苦しい思いをしているんですが。家族4人でいると、どういう過ごし方にも正解はありませんでした。

私

 重苦しいネタならたっぷりあるが、新年一発目の記事で書き連ねるのってどうなの……?

 この記事では、家庭内の不健全な雰囲気を和らげるのに成功した体験をご紹介することにします。

 基本的には、なるべく家族4人では過ごさないようにしました。本当はモラ夫だけで、どこへでも行ってほしかったんですが、なかなかチャンスがなく……。他者を巻き込んで、「家族+誰か」にすることで、モラ濃度を下げました。

 モラ夫のモラモラな部分を知られるのは恥だという思いもありましたが、私は親兄弟やママ友に我が家の状況をちょっと打ち明けていました。軽めに伝えたんですが、彼らはモラ夫のヤバさを認識。私や、それよりも子供たちのために助けてくれました。

 具体的にいくつか紹介します。

  • 母が我が家に滞在する(モラ夫が大声で怒りづらい状況になる)
  • ママ友宅に一家で招待を受ける(モラ夫が良い人に変身)
  • 姉家族が映画にいく際に、余分のチケットがあることにして子供だけ連れ出す
  • パパ友がモラ夫を外飲みに連れ出す
  • 上の子のちょっとした体調不良を大げさに表現。モラ夫の実家へ行く日だったので、モラ夫だけで行かせた

 普通の家だったら、なんてことないできごとでしょうかね。当時の私や子供には、モラ攻撃を逃れたり、楽しい時間を過ごしたりするチャンスでした。

 モラ夫と自分・子供たちをなるべく引き離す無理だったら家族以外の人がいっしょにいるようにする、ことを画策するライフスタイルでした。

スポンサーリンク

まとめ

ライフスタイル
  • モラハラ・ライフスタイル(別居前のライフスタイル)
    • お正月などの長期の休み期間は、モラ夫が不在になるように画策する
    • それが無理なら、家族以外の人がいっしょにいられるように算段する
この記事で取り上げた書籍
  • DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す――お母さんと支援者のためのガイド  [Amazon] [レビュー]

リンク …… Amazonで見る  Kindleで読む  楽天市場で見る  Koboで読む  レビューを読む  公式サイトを見る

アイコンをタップ

カテゴリー別人気記事

ライフスタイル

スポンサーリンク

ランキング
にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ 
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ 

 にほんブログ村の「DV・家庭内モラハラ」「シングルママ」カテゴリーと人気ブログランキングの「DV・モラハラ」「離婚」カテゴリーに参加しています。バナーをタップ・クリックして、順位をご確認ください。同時にこのサイトにポイントが加算されます。応援よろしくお願いします。

フォローする
本来の生活へ

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました