本『いま君に伝えたいお金の話』のレビュー

おすすめポイント

★★★★★

「お金」についての真っ当な向き合い方を教えてくれる本。

子供(10代前後)にも大人にも分かりやすい。

スポンサーリンク

レビュー

 これは10代くらいの子供に向けた、お金の解説書です。

 なんだかちょっとイヤ~な感じがするでしょうか? 子どもはお金のことなんて考えなくていい――そう考える大人が、この国には少なくない、と「はじめに」にも書かれています。

 一方、この本(文庫版)の裏表紙には、次のような案内文があります。

お金は汚い、お金儲けはいやらしい。そう決めつけて、お金について学ばないのはもったいない。なぜなら、お金は人を幸せにする便利な道具だから。好きなことをして自由に生きる。困っている人を助けて社会を良くする。そのためにはお金をどう稼いで使って増やしたらいいのか? 誰よりもお金に詳しいプロが、お金との付き合い方を教えます。

 同様の趣旨は、他の(真っ当な)お金の本でも常に言われています。このサイトで取り上げた『欲張りな女」になろう。――経済的に自立する61の方法』(レビュー)にも「21. お金がないことが苦労ではない。お金の話ができないことが、苦労である」という章があります。

 前段が長くなりましたが、これはお金の本の中でも、小ずるい部類のヤツなんかではなく、正統派の書籍です。お金とのまっとうな付き合い方を教えてくれます

 本の内容は、目次(以下)でご確認ください。

  1. お金って何だろう?――お金のことを知ってお金に強くなる
  2. お金と世の中の関係――プライスタグから世界が見える
  3. 君がお金を手にする方法
  4. 働き方が大きく変わる
  5. 稼いだお金を貯めて増やす
  6. お金と向き合うための覚悟――お金が凶器に変わるとき
  7. とっておきのお金の使い方

 この本は書き手がすばらしい! 国家公務員として通産省(現 経済産業省)に勤務、投資ファンドを運営、といった輝かしい経歴以上に、子供の頃のエピソードに私は感嘆しました。たとえば以下。

 両親に「おこづかいちょうだいちょうだい」とよくせがんでいましたが、そのお金で何かを買おうという気持ちは起こりませんでした。もらったお金はすぐに貯金していました。

私

 えっ! 何か欲しくならないの?

 著者は金欲にまみれて「お金が大好き」と言っているわけではなく、興味の対象、趣味がお金なんでしょうね。子供って、電車やら虫やらに興味を持ちますよね。「趣味」という単語すら知らない幼い時期は、もっとフリーダムに単にキラキラするものとか、落ち葉とかが好きで拾い集めたり。その対象がたまたま「お金」だった。著者のお金との向き合い方に熱量を感じました。

 この本の良いところをもう1点。なんと言っても分かりやすい! 著者は子供に対面で「お金の授業」を行っており、そのときの子供の反応が織り込み済みなんでしょう。大人の私でも、新たに理解できたことや、洞察を得たことがありました。


 さて、この本では「さいしょに4つの大切なことを覚えてもらいたい」として、以下を挙げています。

  1. 自立して生きていくためには、お金は絶対に必要である ← 一番大切
  2. やりたいことをやるには、余分なお金があったほうがいい
  3. 困ったときに、お金は君を助けてくれる
  4. 君がお金を持っていれば、人を助けることができる ← おまけ

 モラハラ離婚したシングルマザーの私にとって、一番目の教えが身に沁みます。モラ夫の経済力頼みで離婚しないでいたら、精神的にツラかった……。

 でも別居して、一馬力で子供を育てていくには、当然、お金は必要なんですよね。その時にがむしゃらに働くのも一つの手ですが、意識を変えると、別のやり方も見つかります。この本は、そうした意識改革に役立ちました。

 また、将来、我が子にもお金に困窮してほしくなく、自分で食べていけるようになってほしい。なので、この本は、子供用の本棚に並べました。

 お金、性、インターネットなど、子供も成長とともに関わらざるを得ません。ダークな部分を強調しすぎてタブー視するのではなく、年齢に応じて勉強していってほしい。私は我が子に対して、このように思っています。まあ、自分では教えられないので、私は趣味の読書を活かして、子供に良書を渡す派なんですが。

 子供にも大人にもご一読をおすすめいたします

スポンサーリンク

まとめ

要約

「お金」の解説書

評価(お役立ち度)

★★★★★ (紙の本を買って、我が子の本棚に置いた ← 子供に読んでほしいときに、私が取る方法)

基本情報
  • タイトル:いま君に伝えたいお金の話
  • 著者:村上 世彰よしあき(投資家)
  • 出版社:幻冬舎
  • 発行日:2018年9月(単行本 初版)、2020年4月(文庫本 初版)
この記事で取り上げたその他の書籍

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました