絵本『パパ どこにいるの?――離婚のお話(パパとママが別れたとき……)』のレビュー

おすすめポイント

★★★★☆

罪悪感や不安感、戸惑い、怒りを抱きながら、親の離婚後の、変化の多い生活を送っている女の子の物語。理想論ではない話がつづられる。

とりまく状況が同じお子様におすすめ。幼児向け。

スポンサーリンク

レビュー

Amazonで見る

 この本は実話が元になっています。ニューヨークのソーシャルワーカーが、カウンセリングに応じた6歳の子供(3歳のときに両親が離婚)をケアするためにお話を描き、それが絵本になりました。離婚後の生活にフォーカスが合わせてあり、親の離婚前に子供に説明するためというより、離婚後に心理的な辛さを感じている子供に向いています

 主人公のジェイニー(女の子)はパパやママと犬のファニーと楽しく暮らしています。ある日突然、パパが家からいなくなり、その他の面でも生活が変わっていきます。ジェイニーは罪悪感(わたしが悪い子だから)や不安感(ママも遠くへ行ってしまうかも)、怒り、戸惑いを抱きながら、親の離婚後の生活を送ります

 幼児向けの離婚本はだいたい物語形式になっていて、子供に理想的な対応をする両親が登場します。子供の不安や心配の描かれ方は抑制的です。それに勇気づけられる子供もいるでしょうが、本の主人公と自分の状況や気持ちが乖離かいりしすぎていると、反って子供に疑問や不信が生じるかも……? 実際、我が家の事情にマッチせず、子供に渡せなかった絵本もあります。色々な環境にいる子供のために、各種パターンの離婚物語があるといいのになあと思っています。

 この本は、そうした教科書通りではない形態のひとつを表しています。とはいえ、お話の終盤で事態が好転し、ママもパパもおばあちゃんも、ジェイニーへの対応が変わります。離婚が取り消しになるようなことはありませんが、ジェイニーはずっと暮らしやすくなります。

 なお、カラーの絵ではなく白黒のイラストが添えられています。好みが分かれるかもしれませんが、私には残念なポイントでした。大人向けのアートな作品ではマッチするかもしれませんが、子供にはちょっと……。

 この本は、離婚やその後の生活の変化について、幼い子供にもきちんと説明することの大切さを、大人に教えてくれます。また、ジェイニーと同じような状況にいるお子様におすすめします。

 なお、以下の記事に子供向けの離婚本の一覧表を掲載しています。よろしかったらご確認ください。

「パパとママが別れたとき……」シリーズ

 同じシリーズの、他の2作の絵はカラーです。

表紙絵本
パパ どこにいるの?――離婚のお話

おもに学齢前幼児のために

[Amazon] [レビュー]
おうちが ふたつ

おもに小学校低学年児童のために

[Amazon]
恐竜の離婚――変わっていく家族のために

おもに小学校中・高学年児童および中学生のために

[Amazon] [レビュー]
アイコンをタップ

まとめ

要約

罪悪感や不安感、戸惑い、怒りを抱きながら、親の離婚後の、変化の多い生活を送っている女の子の物語。理想論ではない話がつづられる。

評価(感情が動いた度)

★★★★☆ (絵が白黒なので星ひとつ減。物語は胸に迫る)

基本情報
  • タイトル:パパ どこにいるの?――離婚のお話(パパとママが別れたとき……)  [Amazon] [レビュー]
  • 作者:ベス・ゴフ(文)、スーザン・パール(イラスト)
  • 訳者:日野 智恵、日野 健
  • 出版社:明石書店
  • 発行日:2006年9月1日
  • ISBN-10:4750323926
  • ISBN-13:978-4750323923
アイコンをタップ

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました