自分と向き合うことがつらい ⇒ がんばらなくていい本を1冊だけ紹介

過去の私
過去の私

 自分と向き合うのが大事と言われても、それはつらい……

今の私
今の私

 できないときに無理してやらなくてもいいよ。

 「やってみようかな」と思うタイミングが来たなら、がんばらなくていい本がある。

 自然と自己肯定感が高まるし、やりたいことが見えてくる!

スポンサーリンク

おすすめの1冊+α

 ここでは簡単に読めて、内容を実践するのも超カンタンな本を1冊だけご紹介! やることは簡単でも、自己肯定感も上がれば、自分のやりたいことなんかも見えてきます。『できたことノート』のエッセンスを取り入れた生徒手帳を採用している学校もあり、簡単さと効果のほどは折り紙付きです。

 この夢のような本の名前は『できたことノート』(レビュー)。ノートというタイトルですが本です。

 日々のちょっとした「できたこと」を毎日メモするように提唱しています。これを続けることで、自然と自分のことが分かってきます。自分の内面に向き合おうと努力する必要はありませんし、自分の悪い部分に着目することもしません(むしろ禁止)。

  小学生の我が娘も実践して効果がありました(母親の私のサポート付き)。ぜひお手にとってください。

 なお書き込み用の、専用の手帳『できたこと手帳』や子供向けの『親子できたこと手帳』もあります。よろしかったら併せてご確認ください。

表紙タイトル
できたことノート――1日5分「よい習慣」を無理なく身につける

2016年発行

[Amazon] [楽天] [公式サイト] [レビュー]
できたこと手帳

2017年発行。書き込み式

[Amazon] [楽天] [レビュー]
自己肯定感を高める本――AERA with Kids特別編集

2020年発行。付録に「親子できたこと手帳」

[Amazon] [楽天] [レビュー]
親子できたこと手帳

[Amazon]

カテゴリー別人気記事

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました