離婚本のおすすめは? ⇒ 調停・裁判を経て決着するまでに役立った本3選

過去の私
過去の私

 離婚関係の本はたくさんあって、どれを読んだらいいのか分からない……。

今の私
今の私

 趣味(読書)を活かして、いろんな離婚本を読んだ。その中から、有利にコトを進めるのに役立った本を3冊に絞って紹介するね。離婚を決意したところから成立までの、時系列に沿って挙げていくよ。

スポンサーリンク

離婚成立までの読書歴

 私はモラハラ離婚をしました。二人の子供は私(母親)が引き取りました。離婚を決意してから、調停・裁判を経て決着するまでに読んだ本の中から、有利にコトを進めるために役立った本を3冊挙げます

 ご興味がある場合は、併記されているリンクをタップして、ぜひ詳細な情報をご確認ください。いずれの本もレビューを行っています。

 それでは離婚の進行と併せて、私の読書歴をどうぞ。

離婚成立までの読書歴
  • 離婚を意識

    「いつか離婚してやる!」と思い始める。ただ現実味がなく、この頃に離婚本を読もうとは思わなかった。

  • 離婚を決意
    キッチリけりがつく離婚術
    [Amazon] [楽天] [レビュー]

    ある日、モラ夫が「もう離婚だ!」と叫んだ。もう何百回目かだが、やっと「そうか! 本当に離婚すればいいんだ!」とひらめいた。ここから離婚本を探し始める。ちなみに最初から離婚調停を申し立てるつもりだった(モラ夫と二人では話にならないから)。

    この本は一通りの離婚手続きを知るために読んだ。離婚の流れを扱った本はたくさんあるが、「証拠集め」に詳しい点が、この本の良いところだ。結局、何度もこの本を開いた。

  • 別居
    離婚調停は話し方で変わる――弁護士が離婚調停の伝わる話し方5つのステップを大公開
    [Amazon] [レビュー]

    別居後、1回目の離婚調停の期日が近づいてきた。何を着て行くかとか、どう話せばいいかとか、細々とした実務的なことが気になってくる。

    弁護士事務所のWebサイトを読み漁っていて、偶然見つけたのがこの本だ。何を念頭に置いて、どのように話すと、調停委員や調査官に伝わるのかが分かった

    ただし入手できるのはAmazonの電子書籍版のみ。スマホやPCに専用のアプリをインストールするか、専用のリーダー(Kindleキンドル)を購入する必要がある。

  • 調停・裁判
    DVにさらされる子どもたち――加害者としての親が家族機能に及ぼす影響
    [Amazon] [レビュー]

    最初から最後までモメたのが子供についてだった。モラハラ夫は「子供たちと会えないかわいそうな父親」という被害者ポジションを取った。月日が過ぎていくうちに、調停・裁判の雰囲気がどうもモラハラ夫に同情的な方向に……。でも、子供たちは毒父が怖いんだよ!

    この本は一般に離婚本に分類されるわけではない。しかし司法の場でDV夫が取りがちな態度や、DV夫と子供との面会交流で考えられる問題点などがまとまっている。司法関係者(裁判官など)や支援関係者(カウンセラーなど)に対して、DVの専門家が提言・注意喚起する本なのだ。

    裁判所にて自分の主張を言葉で伝えるときにも、書面で提出するときにも、この本は役立った。

  • 離婚成立
スポンサーリンク

まとめ

この記事で取り上げた書籍
  • キッチリけりがつく離婚術  [Amazon] [楽天] [レビュー]
  • 離婚調停は話し方で変わる――弁護士が離婚調停の伝わる話し方5つのステップを大公開  [Amazon] [レビュー]
  • DVにさらされる子どもたち――加害者としての親が家族機能に及ぼす影響  [Amazon] [レビュー]

カテゴリー別人気記事

離婚する

スポンサーリンク

ランキング
にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ 
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ 

 にほんブログ村の「DV・家庭内モラハラ」「シングルママ」カテゴリーと人気ブログランキングの「DV・モラハラ」「離婚」カテゴリーに参加しています。バナーをタップ・クリックして、順位をご確認ください。同時にこのサイトにポイントが加算されます。応援よろしくお願いします。

フォローする
本来の生活へ

コメント

プロフィール

ロゴ

 ある日、私は2人の子供を連れて、モラ夫から逃げて別居しました。私自身と子供を守るためです。

 私は年間100冊程度の本を読んでいます。好きなジャンルはファンタジーですが、多読しているのは実用書です。

 このサイトを訪れた方が、少しでも生活を改善したり、気持ちを前向きにしたりする情報を得られたら幸いです。

望木 幸恵

タイトルとURLをコピーしました